ウォーターサーバー

フレシャスをお得に解約する方法は?解約方法と損しないコツ!

富士の天然水ウォーターサーバー【フレシャス】の解約を検討している人もいるのではないでしょうか?

ただし、フレシャスの解約金がかかってくるのが困ると思っている人もいると思います。

フレシャスは、契約から9ヶ月未満で税抜15,000円、2年未満では税抜9,000円の解約金が必要だったり、サーバーの返却が遅れると料金が発生し続けるなど注意点があります。

そこで、今回は、フレシャスの解約金や解約方法などについて詳しく徹底解説します。

また、解約したい人や乗り換え先にお困りの方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

さらに、最後には解約金がかからないお得な解約方法についてもご紹介をしたいと思います。

フレシャスの気になる解約金は?

フレシャスは、2年以上使っていると0円で解約できますが、契約から2年未満で解約すると解約手数料がかかります。

以下が、契約期間別にかかる解約金になりますので、知っておきましょう。

“フレシャス解約金”

契約から9ヶ月未満の解約:15,000円

契約から2年未満の解約:9,000円

※すべて税抜

契約開始日がわからないという場合には、フレシャスのマイページから確認をすることが出来ます。

また、契約途中でサーバーを交換した際には、サーバー交換後から数えて2年未満の解約は同様に15,000円または9,000円が発生することになります。

同じサーバーを2年以上使用すれば解約金は無料になります。

また、サーバーをレンタルではなく、買取にて契約された際には解約金はかかってきません。

ただ、分割で購入されてサーバー購入代金が残っている方は残金を一括で支払う必要があります。

フレシャス公式サイトで確認をしてみる

フレシャスの解約方法!電話での解約が必要

フレシャスの解約手続きはとても簡単です。

フレシャスの解約の手続きは、お問合せメールもしくは電話(フリーダイヤル:0120-800-026)にて解約する事ができますので、こちらで解約をしましょう。

電話での解約の場合は、営業時間の平日は9:00~20:00、土日・祝日は9:00~17:00の間に解約の連絡をしましょう。

メールの場合は24時間受け付けていますが、返答は営業時間の対応になりますので、お急ぎの場合や問い合わせたいことがある場合は、電話のほうが良いでしょう。

そして、その際に、サーバー返却方法の説明をしっかりと聞き、サーバー引取り日を決めて下さい。

サーバーの引取り作業は、宅配業者が行ないますが、引取りに来られるまでに、ご自分でサーバー内の水抜きが必要になってきます。

電話をすると、サーバーを返却する日程を「連絡をした日の7日後〜30日以内」で決めることになります。

なので、連絡をしてから数日かかってしまうことを考えると、電話は水を使い切る2週間前あたりにすることがおすすめです!

“フレシャスお客様サポートセンター”

電話番号:0120−800−026

平日 9:00~20:00 / 土日・祝日 9:00~17:00

なお、フレシャスのカスタマーセンターは土日も営業していますが、平日の午前〜昼過ぎが比較的繋がりやすくなっています。

サーバーの返却準備について

解約の申し込み後は、サーバーを返却するまでに「水抜き」をする必要があります。水抜きの手順は、以下の通りです。

  1. 水を飲みきる
  2. 空焚き防止タンクから水を抜く
  3. 水を受けるバケツで水を全て抜く

給水口の水をまずは全て飲みきりましょう。

そして、空焚き防止タンクの水は、ウォーターサーバー背部にある栓を抜くと放水できます。

  1. 電源プラグを抜いて3時間たってから行う
  2. バケツや大きめの鍋を用意する

電源プラグを抜いた時点では、まだお湯が冷めていないので、やけどをしないように、電源プラグを抜いて3時間程度経ってから行いましょう。

そして、バケツや大きめの鍋を用意して、多くの水を受け止めることが出来るようにしてから、こちらの水抜きをします。

解約を検討する前に、こんなケースは解約はしなくて大丈夫

フレシャスを解約する前にいくつか解約しなくても良いケースがあります。

たとえば、以下の場合は解約をしなくても良いと言えるでしょう。

水が消費できないケース

フレシャスには水の月間注文ノルマがあります。

たとえば、7.2Lの水の場合には「28.8L」、9.3Lの水は「18.6L」、4.7Lの水は「18.8L」と定められているのです。

ただし、水が消費できずに余ってきた場合には、配送の一時停止(スキップ)をすることができます。

最後の配送日から2ヵ月未満の一時停止なら無料でできます。

ただし、2ヵ月以上休む場合には、休止手数料として月1,000円が発生します。

水の消費ができずに解約を検討されている方は、配送の一時停止をうまく使ってみて下さい。

マイページで24時間いつでも手続きができるようになっています。

引っ越しをする場合

何らかの事情で引っ越しする場合にも解約をする必要はありません。

引っ越し先が沖縄、離島以外の、宅配対応エリアであれば住所変更の連絡をすることによって、そのままフレシャスを継続して使用できます。

この場合には解約をするべき?解約理由にはどんなものがある?

解約をする際には、色んな理由があると思います。

たとえば、以下のようなものがあるようですね。

・料金が高く感じる

・手間が増えたと感じる

・水を飲むことができなくなってきた

・ゴミの処理が大変だった

ただ、ウォーターサーバーを頼んでいる家庭の方は、「おいしい水」自体は飲みたいと思っている人は多いんですよね。

あなたもそうではありませんか?

いきなりウォーターサーバーがなくなってしまえば、それはそれで慣れるかもしれないけれど、やっぱりせっかくの便利なおいしい水が飲めるシステムを継続してみたいものです。

そこで、乗り換えならウォータースタンドがおすすめです。

ウォータースタンドって何?




ウォータースタンドについては、2017年ごろから爆発的にブームになっている商品で、 水道直結のウォータースタンドなら、月3,980円(税抜)で使えます。

どれだけ水を使っても費用がかさまないのでお得です。

さらに、ボトルを使わないので、ボトルを交換したりゴミがたまったりすることはありません。

ウォータースタンドの「ボトルの交換」または「ゴミが溜まってしまう」という悩みだったり、「費用面」でお悩みの方は、ウォータースタンドを検討してみるのもおすすめです。


【公式】定額制で使いホーダイのお水、ウォータースタンドはこちら

解約金が無料になる!お得な解約方法とは?

解約の際には、最低2年間使わないと解約金がかかってしまいます。

そこで、フレシャス解約後も他社のウォーターサーバーを使いたいと思っている人もいると思います。

そういった人限定で実はお得な解約方法があります。

それは他社乗り換えキャンペーンを実施しているウォーターサーバーを選ぶことです。

すると、キャッシュバックを行っていますので、解約金が0円になりますし、一部でもキャッシュバックされますので、損することなく安心して乗り換えることが出来ます。

こちらのページでは、現在乗り換えキャンペーンを行っていて、キャッシュバックをしているウォーターサーバーをご紹介しています。

参考にしてみてくださいね。

ウォーターサーバー解約金をキャッシュバック!お得な乗り換え先は?最近では、ウォーターサーバーの機能やデザインが優れているものや、格安でコストパフォーマンスが高いものなど様々なウォーターサーバーがありま...

また、今からフレシャスを検討しているという方も、一度使ってみて、他社に乗り換えるのも実は簡単なので、ぜひ公式サイトからチェックしてみてくださいね。

フレシャス公式サイトはこちら